松岡カウンセリング オフィス【広島市中区】 うつ病 引きこもり 不安 パニック トラウマ 認知行動療法(CBT)

広島市中区 カウンセリング うつ病 不安 パニック トラウマ 発達障害 強迫症状 平成14年12月設立

認知行動療法とEMDR

English

カウンセリングの方法

認知行動療法(CBT)

認知行動療法(CBT)とは…

 うつ・不安など気持ちの問題から人間関係の悩み、ストレス対処、自信の強化や禁酒など様々な問題に役立つことが研究で報告されています。改善方法を学ぶので再発防止にも役立ちます。
 環境・ものの見方・気持ち・行動・身体の調子の5つの悪循環のながれを変える方法を習得します。次に何をやるかはっきりさせてすすめていく療法ですので、発達障害の方にもとりくみやすいといわれています。

認知行動療法(CBT)の流れ

カウンセリング開始時:困っている状況

下への矢印

問題の聞き取り

下への矢印

問題の悪循環を明らかにする

下への矢印

目標を設定

下への矢印

問題解決のために習得する技法の選択

下への矢印

技法の練習

下への矢印

問題の改善・解決・回復

下への矢印

自分で認知行動療法・自己カウンセリングをする

CBTに加えて、これまで積み重ねた生きづらさから回復する
「スキーマ療法」での治療も可能です。

EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)

EMDRについて

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対して、科学的な研究で症状の改善が報告されている心理療法です。
PTSDの他にも、嫌な記憶に悩まされている等の場合にその状態の改善が期待できます。
やり方は認知行動療法と同じように治療の流れについてクライアント様とカウンセラーでしっかりと打ち合わせします。
その後、悩まされている出来事を思う浮かべながらカウンセラーが左右に指をふるのを目でおっていただきます。順調にすすめばこの記憶が薄くなり楽な状態に変化していきます。そしてそのよいイメージをさらに指を目で追っていただき、定着させていきます。
記憶をなくすのではなく、お悩みになっている記憶を再処理して安全なものとして治療完了となります。
目でおうことが難しい方には、右側と左側から音を鳴らす等の方法でも受けていただけます。
*当面は、トラウマとなっている出来事の種類が複数ではなく1種類の方のEMDRのみお受けします。
 お悩みのトラウマの種類が何個もある方のEMDRの開始はHPでおってご案内いたします。
 ご自身のお悩みが当機関でのEMDR治療にあうかどうか不明な方は一度ご相談ください。
子どもさんにも受けていただけます。
子どもさんの場合には、登校しぶり、不登校、学校で嫌いな子がいて教室に入れないといった困りごともEMDRで改善・解決可能性があります。
子どもさんの場合には年齢によってもちょうどよいEMDRの時間が異なります。
まずは保護者の方と子どもさんと初回面接(90分)でお話をお聞かせいただいた上で、EMDRを用いることが可能であると判断しましたら、何分程度がよいか相談の上、決定いたします。

ソーシャルスキルトレーニング(SST)

ソーシャルスキルトレーニング(SST)について

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)では、対人関係技能や問題解決技能の向上、日常生活に必要な技能などにカウンセラーと一緒に取り組めます。
どうしていいかわからない状況を避けるためにひきこもってしまったり、自分だけがしんどい思いをしてためこむ代わりの方法などを発見・練習します。(例:人を傷つけるのが嫌で、人に言われることを何でもやって辛くなる→「上手く断る」方法や、「部分的に引き受ける」方法をとれるようにして、」楽にしていきます。)

ソーシャルスキルトレーニング(SST)の概要

以下をお読みになられてSSTがあっているかどうかをお確かめください

人間関係が難しい、問題がおこると解決するのが苦手という方を対象としたSSTを松岡カウンセリング オフィスでは行っています。
(自己主張が苦手な方、2人だとまだ話ができるが、3人以上だと話をするのが難しい方な方、断ることができないために頼まれそうなことがある場面を避けたりする方に役立つと言われています。)新たな対人技術・会話術・問題解決技術を身につけて自分の可能性を広げましょう。

学んだことを日常で活かしやすくする工夫が組み込んであるので、「やりっぱなし」になりにくく、日常生活に活かしやすくなっています。SSTの時間に学んだことを次のSSTまでに少しだけでも日常生活で実践することホームワークになります。
(やれなかったからといって罰されることは決してありませんので安心してください。ホームワークの難しさをカウンセラーが調整します。)

基本的に、1週間に1度行います。

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)はさまざまな研究で対人関係の改善などに効果があるという結果を出しています。SSTはEvidence-Based Training(効力があるという証拠に基づいたトレーニング)なのです。

グループ療育 クローバー

グループ療育 クローバーの内容

実施日時 : 原則毎週(土) 午前9時~10時 (60分)
 *平日、個別がよろしい方はご相談ください。
対象 : 小学生
1回ごとの内容 :
・子どものための認知行動療法(CBT)
  グループでバランスのよい考え方や行動を学びます。
  自信を高めることにつながります。
・ソーシャルスキル・トレーニング(SST)
  気持ちを伝えたり、人と上手にコミュニケーションするスキルをグループで体験しながら学
  べます。
人数 : 2~5名
担当 : 当機関 有資格カウンセラー(臨床心理士)
参加費 : 参加費ついては「開室日&料金」をご覧ください。

グループ療育 クローバー参加の流れ

・「療育入会前カウンセリング」(30分)にお申し込みください。
 *他機関で検査を受けたことのある方は結果をお持ちください。
 *通院中の方はできるだけ情報提供書をお持ちください。
・療育入会前カウンセリング実施後に1回目の療育をお申込みいただけます。
・その後はお越しになる回にその都度ご予約ください。
 *まとめてご予約いただくこともできます。
 *参加を希望される回のみ,ご参加いただけます。
  お子さんが約束を守ることもお子さんの今後の生活でたいへん重要なことですので予約制と
  なります。
 *予約は原則として前日までとさせていただきます。当日予約はご相談ください。
 *キャンセル・日時変更は基本的に療育・カウンセリング実施日の前日午後5時までにご連絡
  いただきましたら無料でお受けいたします。
  それ以降はキャンセル料として費用の100%を申し受けます。
 *日によっては参加者の方の急なキャンセル等によりグループでの療育ができない場合もござ
  いますのでご了承ください。
  その場合は1対1での指導をさせていただくことになります。

療育グループ クローバーは体験もございます。
体験は療育開始前カウンセリングを受けられる日の前でも後日でも療育の日にご参加いただけます。

療育開始前カウンセリングお申し込み方法

1. インターネットの予約システムから(一番おすすめです)
 サイト右側にございます[24時間WEB予約カウンセリング予約]のバナーをクリックしてください。
→「スタッフ選択」でフリーを選択してください
→「メニュー選択」で「療育開始前カウンセリング」を選択してください
→予約日と必要事項欄を入力し「送信ボタン」を押してください。
→予約完了メールをお受け取りによって予約完了となります。

2. メールフォームから
 当サイトのメールフォームのページよりご予約ができます。
→必要事項をご記入ください。
→「お話ししたい内容」で「療育開始前カウンセリング」を選択してください。
→当機関からの予約日時確定メールが届きましたら予約完了となります。

3. 電話から[082-241-2262]
少人数で運営しておりますので、カウンセラーにすぐに連絡がつかない場合がございますがご容赦ください。
お電話がつながりましたら「療育開始前カウンセリングの予約をお願いします」とお伝えください。

グループ療育 クローバーのお申し込み方法

療育開始前カウンセリング終了後、カウンセリング申込み同様の方法でお申し込みいただけます。
予約システムをご利用の場合は、メニューで「グループ療育クローバー」を選択してください。